Archive for ◊ 8月, 2014 ◊

Author:
• 金曜日, 8月 29th, 2014

地方銀行のカードローンはとても身近にあります。地方銀行そのものが地域に根ざしているので当然ですよね。そんな地方銀行のカードローンの欠点と利点をあげてみましょう。借り入れを検討している方の参考にしてください。


<地方銀行の欠点>

地方銀行でのサービスとして用意されている、いわゆるミニカードローンは、他の金融機関にくらべて、借り入れの限度額が低めです。これが欠点といえます。おそらく、地方銀行によっても異なるのですが、数十万円程度ですね。これはお近くの地方銀行のインターネットサイトなどに明記されていますので、確認しておきましょう。自分の用途に合わなければ意味がありませんので。


<地方銀行の利点>

それは何といっても、低い金利であることです。しかも、他の金融機関で設定されている借り入れの審査基準よりはハードルが低くなっています。これほど、便利なことはありません。つまり、少額で、いざというとき少しだけ使いたい場合などには持っていて損はないカードです。これもまた、ひとつの特徴ですが、店舗やATMの数はチェックしておきましょう。地方銀行も大小さまざまです。今日に利用したいというときに近くにあるかどうかは大切なポイントになってきます。どうでしょうか、一度、自分の地域にある地方銀行に寄って、カードローンの契約を尋ねてみるのはわるくない選択だと思います。

Author:
• 火曜日, 8月 12th, 2014

カードローンは審査後に振込みを受ける、あるいは対応しているATMからお金を引き出すことで利用します。もしかしたら足りないかもしれない、万が一のために審査だけを通過しておきたいという場合、借りないのに審査だけ、というのは可能なのでしょうか?


カードローン審査のみもOK

カードローンは審査だけ受けておく、この後に自分が必要になったタイミングだけで使うというのももちろん認められています。お金は今のところ足りるかもしれないけれど、絶対に遅れたらいけない支払いなどの場合、審査のみ、必要になってしまったら使うという使い方もできるので、非常に便利ですし、安心ですね。借り入れをしない限りは返済の義務などもありませんし、利息ももちろん利用しないのであれば発生しません。


信用情報に審査申し込みの情報は残る

カードローンなどはお金を借りていない場合であっても、審査の申し込みをした時点でお金を借りる必要のあった人、という判断はされてしまうため信用情報に審査申し込みをしたという履歴は残ってしまいます。この情報は5年間など、定められた期間、保存されて削除ができませんから注意が必要です。審査の申し込みを幾社も重ねると審査に、申し込みブラックで落ちてしまうというのも、このような信用情報の問題だそうです。