Archive for ◊ 1月, 2014 ◊

Author:
• 火曜日, 1月 21st, 2014

カードローンをお探しなら無利息期間が少しでも長いところで決まりでしょ!


カードローンの無利息期間って何?

カードローンに限らず、そして消費者金融に限らず、「お金」を商品としている企業はどこでも同じなのですが、「利息」で儲けを出すものです。
レストランで例えるなら「料理」を商品としている店は、どこでも「味」で勝負するわけですよね。それと同じで、各金融業者は、商品をどのように味付けするか=いつどのタイミングでどれくらい利息を発生させるかで、他社との違いを差別化しようとしているものです。
そこで、より分かりやすい差別化を図るために「初めての融資なら●日間無利息期間」というサービスを打ち出しているのです。
つまり、「新規で利用してくれる方には、最初●日分は、こちらの儲け分をいただきません」というサービスです。


今のところ、レイクが一番長い

特に消費者金融の中ではレイクが、最も長い無利息期間を設けています。
「でも、利率は?」と聞かれますが、消費者金融の中ではだいたいどこでも同じです。
消費者金融と銀行なら、それはやはり銀行の方が利率は低いですが、例えばアコムとレイクといった比較なら大した意味はありません。比べるべき大きな違いは「無利息期間」です。

Author:
• 火曜日, 1月 21st, 2014

カードローンを扱う会社では、現在、スマートフォン向けの公式アプリケーションをリリースする、インターネットバンクに対応して、24時間利用できるようにするなど、多くのサービスを行っています。このサービスは非常にお得なのだそうです。


カードローンをネットバンクにするメリット

カードローンの中でも人気が高いのが、即日融資やスピード融資などと呼ばれている商品です。これは審査の申し込みをすると、最速で当日中にお金の融資を受けることができるものです。すぐにお金を借りることができる上、審査もインターネットで完結するので、気軽に利用できると言われています。しかし、銀行の窓口は原則として15時で閉まってしまいます。そのため、即日審査でも、14:30までなど時間制限ができてしまうのが悩みだったと言われています。


ネットバンクなら時間を問わず利用できる

このような中で、ネットバンクに特化したカードローンなどを扱う会社も出てきました。その銀行のインターネットバンクや、提携している銀行のネットバンクを利用することで、その場でネットバンクに振り込みを行ってもらうこともできます。しかも、時間も問わずに数字を反映されることができることもあり、非常に便利なのだそうです。普段もネットバンクがあれば買い物など便利なことも多いですから、持っておくといいかもしれません。

Author:
• 火曜日, 1月 21st, 2014

カードローンを必要としている人の殆どは基本的にお金に困っている人です。中には生活に余裕を持たせたいという方や保険として持っている方もいますが、その過半数はお金が早急に必要で尚且つ他にお金を借りる宛のない人だと言えます。その為カードローンには金利の安い商品や限度額の高い商品など様々なバリエーションがありますが、その中でもやはり需要が高いのは即日審査や即日融資に対応した「すぐ使える」商品になります。


時は金なりと言うけれど

即日審査や即日融資に対応しているカードローンは基本的に、審査が厳しく時間がかかるタイプの商品と比べて金利や高く限度額も少なめの傾向にあります。わかりやすく言えばまぁ普通郵便と違って速達には追加料金がかかるような物ですが、それでもすぐお金が必要ならその差分はやむを得ないといった所です。ただ例えば金利18%で即日対応の商品と、金利が15%で融資までに一週間かかる商品があったとしてもし10万円借りて30日間で返したと仮定した場合、前者の利息は約1479円、後者の利息は約1233円なのでその差額はたったの246円、このくらいの差で即日対応の商品が量できるのなら全然お得だと思いませんか?


即日対応カードローンの傾向

これら即日対応のカードローンは一般的に銀行より消費者金融に多く見られます。また多くはインターネットによる申し込みにのみ対応しており、凡そ14時頃に即日受付時刻が設定されています。

Author:
• 月曜日, 1月 20th, 2014

カードローンでお金を借りたら、月々の返済額ってだいたいいくら?
このような質問をよくいただくので、あくまで「だいたい」の目安ですが紹介していきます。


カードローンの毎月の返済額

まずカードローンといっても消費者金融で借りるのか、銀行で借りるのかによって多少の違いが出てきます。
まず消費者金融で10万円を年率18.0%で借りた場合。
月々の最低返済額は5000円となっています。
最低返済額というのは、「とりあえず毎月××円からの返済でもOK」という意味です。
なので、毎月5000円なら返済していけるのであれば消費者金融で10万円を借りても大丈夫でしょう。
ちなみに、銀行カードローンで10万円を年率15.0%で借りた場合は、最低返済額3000円となっています。


30万円の場合は

では、30万円借りた場合はどうなるのでしょうか。
消費者金融カードローンで借りた場合は、1万3~4000円。銀行カードローンで借りた場合は9000円~1万円となっています。
どちらも最高年率で計算していますが、会社によっては30万円以上の融資額になると利率が少し下がるところもありますので、上記の金額とは異なることもあります。
ただし上記の数字はあくまで最低返済額で、半分以上が利息額です。いつまでもこの金額で返済していると完済する頃には元金よりかなり多く返済していることも有り得ます。可能であれば、もしくは生活に少し余裕が出たら多く返済するようオススメします。

参考・・・・三井住友銀行カードローン審査(大手メガバンクの三井住友銀行が行っているカードローンサービスについて紹介しているサイト)

Author:
• 月曜日, 1月 20th, 2014

お金を借りるために強いてカードローンを一つ選ぶのであれば、少しでも金利が低く払わなくてはいけない利息が少ない商品のほうがいいですよね。しかし一部の例外を除きカードローンの金利には最低金利と最高金利が設けられており、具体的に契約の際には何%の金利でお金を借りられるのか想像し辛い部分があります。


金利幅と貸金業法

そもそも何故カードローンには最低金利や最高金利といった金利幅があるのかというと、それは貸金業法に由来します。従来貸金業法には「利息は○%まで」といった一元のものが利用されていたのですが、ここ数年で貸金業法は金融機関が設ける事の出来る金利の最大を借入額に応じて三段階に分かれるよう設定しました。具体的には10万円以下の借入に対しては20%、100万円以下の借入に対しては18%。そして100万円以上の借入に対しては15%とし、金融機関側もそれに合わせて商品金利を設定した為金利幅が生じます。


カードローン金利は借入額で見る場所を変える

これらの事を踏まえた際に言えるのはカードローンの金利を見る際に借入額が少ない場合は最高金利の低い商品を、借入額が多いばあいは最低金利の低い商品を選ぶ事で利息を抑える事ができるという事です。例えばどれだけ最低金利が安くてもちょっとしかお金を借りないのであれば適応されるのは最高金利がそれに近い値の金利なので意味がありません。