Author:
• 金曜日, 4月 04th, 2014

カードローンを選ぶときに注目するのはなんでしょうか?多くに人が、利息を比較するかと思います。利息は返済のときの負担に直接かかわってきますから、少しの数字の違いでも、なるべく安い会社を選びたいものです。しかしカードローンを利用するのであれば、もう一つ、探したいものがあります。


■□■カードローンの目的別ローン■□■

カードローン会社によって扱っている金融商品は違うのですが、借りたお金の目的を限定している目的別ローンという商品を扱っている会社があったら、自分がカードローンを利用する目的とあっているかどうかをチェックしてみましょう。インターネットで申し込みができる即日審査と呼ばれるものは、フリーローンと呼ばれているものです。これは借りたお金を禁止したもの以外であれば、自由に利用できるものです。


■□■目的を限定しているので、少し金利や安い■□■

目的別ローンで有名なものに、ペットローンやブライダルローンなどがあります。現金の出費が多いものが多いと言えます。ただし、会社によって扱っている商品は違うので、分からない場合は問い合わせてみましょう。フリーローンでももちろん同じ目的でお金を借りることができますが、利息が少しでも安くなるのであれば、安いローンを利用したいものです。

おまとめローン・・・・ローンに色々とありますが、複数のローンを一本化するなら「おまとめローン」がおすすめです。

Author:
• 月曜日, 1月 20th, 2014

カードローンでお金を借りたら、月々の返済額ってだいたいいくら?
このような質問をよくいただくので、あくまで「だいたい」の目安ですが紹介していきます。


カードローンの毎月の返済額

まずカードローンといっても消費者金融で借りるのか、銀行で借りるのかによって多少の違いが出てきます。
まず消費者金融で10万円を年率18.0%で借りた場合。
月々の最低返済額は5000円となっています。
最低返済額というのは、「とりあえず毎月××円からの返済でもOK」という意味です。
なので、毎月5000円なら返済していけるのであれば消費者金融で10万円を借りても大丈夫でしょう。
ちなみに、銀行カードローンで10万円を年率15.0%で借りた場合は、最低返済額3000円となっています。


30万円の場合は

では、30万円借りた場合はどうなるのでしょうか。
消費者金融カードローンで借りた場合は、1万3~4000円。銀行カードローンで借りた場合は9000円~1万円となっています。
どちらも最高年率で計算していますが、会社によっては30万円以上の融資額になると利率が少し下がるところもありますので、上記の金額とは異なることもあります。
ただし上記の数字はあくまで最低返済額で、半分以上が利息額です。いつまでもこの金額で返済していると完済する頃には元金よりかなり多く返済していることも有り得ます。可能であれば、もしくは生活に少し余裕が出たら多く返済するようオススメします。

参考・・・・三井住友銀行カードローン審査(大手メガバンクの三井住友銀行が行っているカードローンサービスについて紹介しているサイト)

Author:
• 月曜日, 1月 20th, 2014

お金を借りるために強いてカードローンを一つ選ぶのであれば、少しでも金利が低く払わなくてはいけない利息が少ない商品のほうがいいですよね。しかし一部の例外を除きカードローンの金利には最低金利と最高金利が設けられており、具体的に契約の際には何%の金利でお金を借りられるのか想像し辛い部分があります。


金利幅と貸金業法

そもそも何故カードローンには最低金利や最高金利といった金利幅があるのかというと、それは貸金業法に由来します。従来貸金業法には「利息は○%まで」といった一元のものが利用されていたのですが、ここ数年で貸金業法は金融機関が設ける事の出来る金利の最大を借入額に応じて三段階に分かれるよう設定しました。具体的には10万円以下の借入に対しては20%、100万円以下の借入に対しては18%。そして100万円以上の借入に対しては15%とし、金融機関側もそれに合わせて商品金利を設定した為金利幅が生じます。


カードローン金利は借入額で見る場所を変える

これらの事を踏まえた際に言えるのはカードローンの金利を見る際に借入額が少ない場合は最高金利の低い商品を、借入額が多いばあいは最低金利の低い商品を選ぶ事で利息を抑える事ができるという事です。例えばどれだけ最低金利が安くてもちょっとしかお金を借りないのであれば適応されるのは最高金利がそれに近い値の金利なので意味がありません。

Author:
• 木曜日, 9月 17th, 2015

お金が足りなくなったと感じる人は多いはず。
どうしても自分の収入だけでは生活の中で使うお金を賄うことができない。そんな方は多いはず。日々少ないお金をやりくりしている方にこそおすすめしたいのがカードローンです。
お金がもっと必要だと思っているあらゆる方を満足させうるに十分な特徴を持っています。
お金が手に入ったとしてそのお金をどのように使いますか? 趣味のためのお金? 誰かと食事を楽しむのでしょうか。それとも他の借り入れを返済するためのお金? まさかギャンブルの元手とするのではないですよね?


■□■カードローンの借り入れで旅行に出かけましょう■□■

借り入れたお金はあなたの自由に使うことができます。
どんな使い方をしたとしても誰にもその使い方を責められることはないですし、そもそも借入前の審査の結果に影響を及ぼすことはありません。
さあそのお金を使って最近行っていなかった旅行に出かけましょう。旅行には移動でもその旅行先でもある程度のお金が必要になるもの。しかもその旅行のプランによるものの、かなりまとまったお金が宿泊や食事で必要になるもの。
銀行カードローンからお金を借り入れれば問題なくまとまったお金をキャッシングで手に入れることができます。旅行によってあなたは最近抱えているストレスや日々の抑圧から解放されることになります。


■□■お金を借り入れる前の流れ■□■

おすすめしたいもう一つの理由がその借り入れの気軽さです。
申し込みをスマートフォンから簡単に済ますことができ、借り入れ可能か知る審査結果もその日のうちに知ることができます。
自動契約機を使えば家にカードが郵送されるのを待つ必要すら無くその場ですぐキャッシングが可能な状態になります。その場でカードを受け取ってすぐにATM[を利用してお金を借り入れることができるでしょう。

Author:
• 金曜日, 4月 24th, 2015

カードローンと聞くと消費者金融を思い浮かべてしまいがちですが、銀行のものも便利で使いやすいことを知っていますか?
銀行は何か敷居が高い感じがして借りにくいけど、消費者金融ならその感じが少ない…そう思っている方は正解です。
消費者金融はより生活に近い、利用者の設定も広く設定してあるので誰でも問題なく借り入れを行うことができます。
学生、主婦でも問題なく借り入れを行える場合が多いのでそういった方も気軽に申し込んでみましょう。
お金がピンチになるのは大人ばかりではありません。
若者が、若者だからこそ直面するだろうお金のピンチに上手に対応することが必要になります。


カードローンであなたの恐怖に対抗

お金があればそれだけで気が大きくなりますから、その気分に乗じて何か行動を起こすことができるでしょう。
カードローンで上手にお金を借入れて、そのお金でメンタルをさらに鍛えておきましょう。
そのお金でもってあなたは心身ともに鍛えることができるのです。
お金を得ることであなたは行動を起こすための心構え、それに行動をおこすためのきっかけを手に入れることができるのです。どちらが欠けても使いにくいのがキャッシング。
借りたお金を活用してあなたの恐怖心を克服しましょう。
お金に頼るのは少し気が引けてしまうものの、決してお金を解決の糸口とするのは悪いことではありません。
無理せずにお金を使って問題を解決してしまいましょう。
何か問題が起きてそれで悩んでいる時間はもったいないです。


カードローンに否定的な人

お金を手に入れる時にカードローンを利用するときに気が引けてしまう人。その理由は何でしょうか。
お金を借りることに対して何か不満があるのでしょうか。それともカードローンそのものに何か否定的になってしまっているのでしょうか。
お金を借りることでもし自分以外の人、親なんかが借金で失敗しているとしたらその光景を見ていることで自分は借りないでおこうと思ってしまうかもしれませんよね。


借金はだめなことではない

お金を借りたからといって、そのこと自体が悪いことではありません。
カードローンの利用者はどんどん増えていますし、消費者金融の規模も大きくなっていることからわかる通り、使うべきタイミングで使えばカードローンはとっても便利なものです。失敗してしまったとしても同じような失敗した人も多いでしょうから参考になる意見は多く手に入るでしょう。
失敗を過度に恐れていては何も行動できません。

Author:
• 金曜日, 8月 29th, 2014

地方銀行のカードローンはとても身近にあります。地方銀行そのものが地域に根ざしているので当然ですよね。そんな地方銀行のカードローンの欠点と利点をあげてみましょう。借り入れを検討している方の参考にしてください。


<地方銀行の欠点>

地方銀行でのサービスとして用意されている、いわゆるミニカードローンは、他の金融機関にくらべて、借り入れの限度額が低めです。これが欠点といえます。おそらく、地方銀行によっても異なるのですが、数十万円程度ですね。これはお近くの地方銀行のインターネットサイトなどに明記されていますので、確認しておきましょう。自分の用途に合わなければ意味がありませんので。


<地方銀行の利点>

それは何といっても、低い金利であることです。しかも、他の金融機関で設定されている借り入れの審査基準よりはハードルが低くなっています。これほど、便利なことはありません。つまり、少額で、いざというとき少しだけ使いたい場合などには持っていて損はないカードです。これもまた、ひとつの特徴ですが、店舗やATMの数はチェックしておきましょう。地方銀行も大小さまざまです。今日に利用したいというときに近くにあるかどうかは大切なポイントになってきます。どうでしょうか、一度、自分の地域にある地方銀行に寄って、カードローンの契約を尋ねてみるのはわるくない選択だと思います。

Author:
• 火曜日, 8月 12th, 2014

カードローンは審査後に振込みを受ける、あるいは対応しているATMからお金を引き出すことで利用します。もしかしたら足りないかもしれない、万が一のために審査だけを通過しておきたいという場合、借りないのに審査だけ、というのは可能なのでしょうか?


カードローン審査のみもOK

カードローンは審査だけ受けておく、この後に自分が必要になったタイミングだけで使うというのももちろん認められています。お金は今のところ足りるかもしれないけれど、絶対に遅れたらいけない支払いなどの場合、審査のみ、必要になってしまったら使うという使い方もできるので、非常に便利ですし、安心ですね。借り入れをしない限りは返済の義務などもありませんし、利息ももちろん利用しないのであれば発生しません。


信用情報に審査申し込みの情報は残る

カードローンなどはお金を借りていない場合であっても、審査の申し込みをした時点でお金を借りる必要のあった人、という判断はされてしまうため信用情報に審査申し込みをしたという履歴は残ってしまいます。この情報は5年間など、定められた期間、保存されて削除ができませんから注意が必要です。審査の申し込みを幾社も重ねると審査に、申し込みブラックで落ちてしまうというのも、このような信用情報の問題だそうです。

Author:
• 金曜日, 4月 11th, 2014

家族にこっそりとカードローンを借りるにはどうすればいいのでしょうか。実は、契約から発行に関してはカードローン会社も家族や同居人にばれないように配慮しているようです。ですが、それでもばれてしまうという事態は起こりえます。どの段階でばれてしまうのでしょうか。


<カードが郵送されてくる時点でばれてしまう事が多い>

契約や申し込みは今ではウェブ上で出来るようになっており、本人確認も携帯電話にするなどして家族にばれないように申し込みと契約をすることが可能となっています。しかし、カードの郵送自体は結局その人の居住地に送らざるを得ませんので、郵送されてくるカードを受け取った時点でばれてしまうという事が多いみたいです。


<ばれないためにはどこか別の場所でカードを貰う>

ばれないためには、居住地でカードを受け取らないようにすることが必要です。そのためには、別の場所でカードを受け取る必要があります。現在では減少傾向にあるみたいですが自動契約機などが一番確実な方法ではないでしょうか。自動契約機ならばその場で申し込みから行う事が可能となっていますし、審査に合格すればその場でカードを発行してくれるようになっています。なるべく秘密裏にカードローンを利用するならばカードの受け取り手段をどうにかする必要があるのです。

Author:
• 木曜日, 2月 06th, 2014

“カードローンに対して、あまり良い印象をお持ちでない方も中にはいらっしゃると思いますが、正しい使い方をすれば決して悪いものではありません。無計画に使われる方の印象がカードローン全体の印象を下げているように感じます。


■□■普段使わなくてもいい■□■

自分の稼いだお金だけで生活していけるのが1番だと思いますが、予想外の出費にみまわれる事は誰にでもあります。そんな時に、1枚持っているともしもの事態を回避出来る事もあります。普段利用しなくても多くの場合、年会費や登録料などが無料の所が多いので使わないから勿体無いという事はありません。使わないのに年会費を払うのは、無駄な出費と感じて作らないかもしれませんが持っているだけなら出費になる事はないので保険として作られるのもいいと思います。


■□■正しく使う■□■

カードローンで買い物や支払いをする事は、悪い事ではありませんが返済可能な金額をはるかに超えているのに無計画に使用するのはお勧めできません。自分の首をあまりしめ過ぎないよう正しい使い方をしていただきたいです。最近では、借り過ぎを防ぐために年収のいくらまでど決められていたりもするので以前よりは計画的に使用している方が増えています。使用内容によっては、割引価格で購入出来る事もあるので正しい知識・正しい使い方で上手に付き合っていただきたいです。”

Author:
• 火曜日, 1月 21st, 2014

カードローンをお探しなら無利息期間が少しでも長いところで決まりでしょ!


カードローンの無利息期間って何?

カードローンに限らず、そして消費者金融に限らず、「お金」を商品としている企業はどこでも同じなのですが、「利息」で儲けを出すものです。
レストランで例えるなら「料理」を商品としている店は、どこでも「味」で勝負するわけですよね。それと同じで、各金融業者は、商品をどのように味付けするか=いつどのタイミングでどれくらい利息を発生させるかで、他社との違いを差別化しようとしているものです。
そこで、より分かりやすい差別化を図るために「初めての融資なら●日間無利息期間」というサービスを打ち出しているのです。
つまり、「新規で利用してくれる方には、最初●日分は、こちらの儲け分をいただきません」というサービスです。


今のところ、レイクが一番長い

特に消費者金融の中ではレイクが、最も長い無利息期間を設けています。
「でも、利率は?」と聞かれますが、消費者金融の中ではだいたいどこでも同じです。
消費者金融と銀行なら、それはやはり銀行の方が利率は低いですが、例えばアコムとレイクといった比較なら大した意味はありません。比べるべき大きな違いは「無利息期間」です。

Author:
• 火曜日, 1月 21st, 2014

カードローンを扱う会社では、現在、スマートフォン向けの公式アプリケーションをリリースする、インターネットバンクに対応して、24時間利用できるようにするなど、多くのサービスを行っています。このサービスは非常にお得なのだそうです。


カードローンをネットバンクにするメリット

カードローンの中でも人気が高いのが、即日融資やスピード融資などと呼ばれている商品です。これは審査の申し込みをすると、最速で当日中にお金の融資を受けることができるものです。すぐにお金を借りることができる上、審査もインターネットで完結するので、気軽に利用できると言われています。しかし、銀行の窓口は原則として15時で閉まってしまいます。そのため、即日審査でも、14:30までなど時間制限ができてしまうのが悩みだったと言われています。


ネットバンクなら時間を問わず利用できる

このような中で、ネットバンクに特化したカードローンなどを扱う会社も出てきました。その銀行のインターネットバンクや、提携している銀行のネットバンクを利用することで、その場でネットバンクに振り込みを行ってもらうこともできます。しかも、時間も問わずに数字を反映されることができることもあり、非常に便利なのだそうです。普段もネットバンクがあれば買い物など便利なことも多いですから、持っておくといいかもしれません。

Author:
• 火曜日, 1月 21st, 2014

カードローンを必要としている人の殆どは基本的にお金に困っている人です。中には生活に余裕を持たせたいという方や保険として持っている方もいますが、その過半数はお金が早急に必要で尚且つ他にお金を借りる宛のない人だと言えます。その為カードローンには金利の安い商品や限度額の高い商品など様々なバリエーションがありますが、その中でもやはり需要が高いのは即日審査や即日融資に対応した「すぐ使える」商品になります。


時は金なりと言うけれど

即日審査や即日融資に対応しているカードローンは基本的に、審査が厳しく時間がかかるタイプの商品と比べて金利や高く限度額も少なめの傾向にあります。わかりやすく言えばまぁ普通郵便と違って速達には追加料金がかかるような物ですが、それでもすぐお金が必要ならその差分はやむを得ないといった所です。ただ例えば金利18%で即日対応の商品と、金利が15%で融資までに一週間かかる商品があったとしてもし10万円借りて30日間で返したと仮定した場合、前者の利息は約1479円、後者の利息は約1233円なのでその差額はたったの246円、このくらいの差で即日対応の商品が量できるのなら全然お得だと思いませんか?


即日対応カードローンの傾向

これら即日対応のカードローンは一般的に銀行より消費者金融に多く見られます。また多くはインターネットによる申し込みにのみ対応しており、凡そ14時頃に即日受付時刻が設定されています。